シラバスと空席/他 情報(詳細) 

2021年度 ( 秋学期、ウィンターセッション )


科目名 シラ
バス
重要情報 空席/履修条件 曜日 時限 担当
教員
コンピュータ室 学期
人工知能 (履修条件も確認→) (30) 2 田中 真


ウィンドウを閉じる


項 目
内 容
重要情報
1.授業サマリー
2.授業開始前までに
3.授業開始後の予定・連絡
1.授業サマリー(必ず目を通して下さい)

  ○ 担当教員: 田中 真

  ○ コンタクト先:
    ・電子メール:tanaka.m@tokai-u.jp

    ・問い合わせの時のネチケット
      所属学部学科、名前、学生証番号、希望の科目名(曜日・時限)を
      必ず含めて、メールを送ってください。

  ○ 授業形態: 遠隔授業(Teamsを使って、リアルタイム授業)
    ・大学の「Wi-Fi ルーム」で受講する場合は、自身の PC(要イヤホン)を持参してください

  ○ 履修制限: しない

    ・申し訳ありませんが、履修の方法が少し複雑です。詳細情報は、下記のページを見てください。
    ・人工知能の科目の履修方法など、その詳細情報 http://ictedu.u-tokai.ac.jp/ai/

    ・履修を希望する場合、そのアクション方法
      ・特になし(大学の履修登録の操作は、各自忘れないように!)

    ・履修制限の結果連絡: しない
      ・履修希望者は全員、受け入れる予定です


2.授業開始前までに(履修できるとなった場合の次のステップ)

  ○ 初回授業(ガイダンス)の受講方法・資料の閲覧場所(入り口となるポイント)

    ・初回授業(ガイダンス)は、各授業の、第1回目の授業時間中に、しっかり実施します
      ・9/27(月)2時限目(10:55-12:35) Teamsの会議室に集合

    ・チーム名: 2021a_mon2_人工知能
    ・入り口:このリンクからジャンプしてください(別ウィンドウが開きます)
    ・チームに入るためのコード: チームコード : 2s20lmn

    ・9/27(月)のガイダンスに「参加できなかった人は」田中まで、短いメール(上記アドレス)を
    ・「所属学部学科、名前、学生証番号、希望の科目名(曜日・時限)、参加できなかった」と一言
     メールに書き添えて送ってください。

  ○ 受講条件: あり(下記を参照)

    ・WindowsのPC、またはApple社のMac、UbuntuなどのGNU/Linux の環境をご用意ください。

    ・Chromebookは、大学の様々なコンピュータ環境を配慮して、購入しないことを強くお勧めします。
    タブレット端末のみ、またはスマートフォンのみ、を使って講義を受けたり、課題や宿題を
    こなすことは、かなり無理が生じますので、必ずノートPCまたはデスクトップPCを準備されることを
    強くお勧めします。

    ・タブレットやスマートフォンでの受講も受け入れる用意はありますが
     各自のパーソナルコンピュータ(PC)での受講を強く推奨します

    ・インターネットに接続できるネット環境を準備してください

    ・事前に、初回授業(ガイダンス)までに、PCにインストールしておくべきソフトウェア
      ・Teams専用アプリ(主にこちらを使用します)
      ・WEBブラウザ(MS Edge | Google Chrome | Firefox | Safari 各自の環境にあるもので)

    ・後から、落ち着いてインストールするソフトウェア
      ・Office(Word, Excel, PowerPoint)T365から、後からインストールできます
      ・その他、必要なソフトウェアのインストール方法の詳細は、授業中に連絡します

  ○ 指定教科書: あり(シラバスと下記を参照)
    ・日本在住の学生:「紀伊國屋書店教科書ストア MyKiTS」Web 申し込み(宅配)
    ・海外在住の学生:「紀伊國屋書店ウェブストア」より購入 (定価)
    ・具体的な教科書の購入に関するお知らせが、大学からキャンパス・ライフ・エンジン(CLE)
     またはTIPSを通じて連絡されてます。参照してください。


3.授業開始後の予定・連絡

  ○ 授業形態: 遠隔授業(リアルタイム授業) のみ(14回全て遠隔授業の予定)
    ・授業時間中(主に)ライブ授業(Teamsを使ってライブ授業)
    ・授業のレコーディング:
      ・授業のレコーディングあり
    ・レコーディングの公開: あり
      ・授業後に、T365のStreamから配信予定
       オンデマンド教材の1つとして繰り返し閲覧できます

  ○ 出席確認の方法
    ・Open LMS(出欠)で確認

  ○ 質疑応答、レスポンスの方法
    ・授業時間中:
      ・リアルタイムで返答(Teams)
    ・授業時間以外:
      ・電子メール(上記のアドレス)で返答
      ・Teamsのチャット、掲示板などで返答

  ○ 課題の提出方法
    ・Open LMS(授業支援システム)へ課題をアップロード

ウィンドウを閉じる