授業内容・計画(詳細)の情報


ページを読み終えましたら、ブラウザを終了させてください。


1.基本事項
2017 年度 春 学期  
開講クラス 文学部・文明学科
文学部・アジア文明学科
文学部・ヨーロッパ文明学科
文学部・アメリカ文明学科
文学部・北欧学科
文学部・歴史学科-日本史専攻
文学部・歴史学科-東洋史専攻
文学部・歴史学科                -西洋史専攻
文学部・歴史学科-考古学専攻
文学部・日本文学科
文学部・文芸創作学科
文学部・英語文化コミュニケーション学科
文学部・広報メディア学科
文学部・心理・社会学科
政治経済学部・政治学科
政治経済学部・経済学科
政治経済学部・経営学科
法学部・法律学科
教養学部・人間環境学科-自然環境課程
教養学部・人間環境学科-社会環境課程
教養学部・芸術学科-音楽学課程
教養学部・芸術学科-美術学課程
教養学部・芸術学科-デザイン学課程
教養学部・国際学科
体育学部・体育学科
体育学部・競技スポーツ学科
体育学部・武道学科
体育学部・生涯スポーツ学科
体育学部・スポーツ・レジャーマネジメント学科
理学部・数学科
理学部・情報数理学科
理学部・物理学科
理学部・化学科
情報理工学部・情報科学科
情報理工学部・コンピュータ応用工学科
工学部・生命化学科
工学部・応用化学科
工学部・光・画像工学科
工学部・原子力工学科
工学部・電気電子工学科
工学部・材料科学科
工学部・建築学科
工学部・土木工学科
工学部・精密工学科
工学部・機械工学科
工学部・動力機械工学科
工学部・航空宇宙学科              -航空宇宙学専攻
工学部・航空宇宙学科              -航空操縦学専攻
工学部・医用生体工学科
観光学部・観光学科
健康科学部・看護学科
健康科学部・社会福祉学科
授業科目名 プログラミング基礎
曜日 時限 水-2
テーマ C言語によるプログラミングの基本
キーワード プログラミング ソフトウェア C言語


2.授業で育成する力・スキル
[全学共通]自ら考える力
[学部]情報の基礎を理解し活用する力
[学部]工学を理解するための基礎力

3.授業要旨または授業概要
<授業内容>
 本授業では,C言語プログラミングの講義と実習を通して,専門分野で必要なソフトウェ
ア開発の基本を習得することを目的としています.また,技術力だけでなく,構造化を元
にした思考力・論理力を身に付け,問題解決をする力を向上させます.
 プログラミング言語は,C言語を用います.C言語は,組み込み機器からスーパーコンピ
ュータまで様々なコンピュータやOS上で利用可能で,幅広い分野のソフトウェア開発で使
用されています.現在主流となっている,C++(シープラスプラス),C#(シーシャー
プ),Objective-C,Java(ジャバ)などのプログラミング言語のベースであり,本格的な
プログラミング技術の習得において,C言語の知識は必須と言えます.

 主な内容は,下記の分野です.
 −プログラミング,アルゴリズムの基本
 −データの取り扱い(定数・変数・配列・代入)
 −標準入出力(画面表示・キー入力)
 −演算(計算・関数の呼び出し)
 −制御構文(条件判定・分岐・繰り返し)
 −関数の作成と利用

 実習で使用する電子計算機は,Microsoft社のOperating SystemであるWindowsがインス
トールされたパーソナル・コンピュータを,開発環境は,Microsoft社のVisual Studio を
用います.開発ツールの操作方法の習得もこの授業の内容に含まれます.

 プログラミングは,問題を整理・解析し,その処理手順を論理的に設計してある一定の
処理作業を実現するものであるので,その学習自体が論理的問題解決能力の育成に繋がり
ます.そのため,単にC言語の学習に止まらず,問題の解析,解法の設計にも焦点を当てま
す.

<授業の進め方>
 プログラミング言語の習得には,自発的にプログラムを作成し,その過程で発生した間
違いを発見・修正するというプロセスを何度も何度も繰り返すことが必要であるため,積
極的に参加できるような工夫をしています.
 −例題・練習などの演習が中心
 −適宜課題の提出
 −適宜小テストの実施
 −時間内に終わらない演習は次回までの課題

<履修のポイント・留意点>
−「基礎情報処理」や「情報システム入門A」などの単位取得程度のコンピュータ使用経験
(Windows基本操作,Word・Excelの操作,平均的な文字入力など)があるものとして講義
します.
−復習は,授業15回分で総計60時間を必要とします.


4.学習の到達目標
(1) C言語の基本的な定義や文法を理解して簡単なプログラムを読むことができる.
【自ら考える力,情報の基礎を理解し活用する力】
(2) 問題を整理・解析することができる.
【自ら考える力,工学を理解するための基礎力】
(3) 問題を整理・解析した後,その処理手順を論理的に設計することができる.
【自ら考える力,工学を理解するための基礎力】
(4) プログラムを目的に応じて改良することができる.
【自ら考える力,情報の基礎を理解し活用する力】
添付ファイル:プログラミング基礎_学習達成度確認表.pdf

5.授業スケジュール
第 1回	ガイダンス
第 2回	プログラミングの基礎知識・Visual Studioの使い方
第 3回	簡単なCプログラムの作成・プログラムの保存・実行の仕方
第 4回	データの扱い(定数と変数・型・宣言)
第 5回	入出力(画面出力,キーボード入力)
第 6回	演算1
第 7回	演算2
第 8回	演算3
第 9回	制御構文1(分岐)
第10回	制御構文2(分岐応用)
第11回	制御構文3(繰り返し)
第12回	制御構文4(繰り返し応用)
第13回	配列1
第14回	配列2
第15回	関数の使い方
第16回	定期試験

−授業進度によって,各回の実施内容や順番を変更する場合があります.
−授業毎に,4時間の復習(授業外での課題作成や小テスト解答時間を含む)を必要とし
ます.

6.成績評価の基準および方法
成績は,次の比率で評価する.
定期試験:60%,小テスト:20%,課題:20%

総合点を100点満点として,90点以上の場合はS評価,80点以上の場合はA評価,
70点以上の場合はB評価,60点以上の場合はC評価,60点未満の場合はE評価とす
る.

ただし,学則及び学修に関する規則に則り,
出席回数が2/3以上(10回以上)に満たない場合,
または定期試験を未受験の場合は / (評価なし)とする.

なお,公欠または就職活動など大学が認める理由で欠席する場合には,
担当教員への届出が必要となる.

規定により,成績発表前(授業期間終了後や定期試験終了後)に,担当教員に対し
て点数や成績を問い合わせても回答できない.


7.教科書・参考書
区分 書 名 著者名 発行元 定価
参考文献 標準] C言語重要用語解説 河西 朝雄 技術評論社 \3,129
参考書 Cの絵本 アンク 翔泳社 \1,449
参考書 「アルゴリズム」のキホン 杉浦 賢 ソフトバンククリエイティブ \1,575
参考書 改訂新版 基本情報技術者試験 C言語の切り札 宮坂 俊成 技術評論社 \2,289
参考書 詳解C言語 ポインタ完全攻略 柴田 望洋 ソフトバンククリエイティブ \2,499


8.その他の教材
指定の教科書はありません.テキストおよび補足資料は,授業時に適宜配布,もしくは授業支
援システム上で公開します.


9.担当教員の連絡先
質問は,授業時ならびに下記の電子メールアドレスで受け付けます.
電子メールアドレス:sagiri@tokai-u.jp
件名:木2プログラミングC(質問)
本文先頭には,学生証番号・氏名・授業名を明記して下さい.
なお,即日の返信ができないことがあるので,予めご了承下さい.

10.授業担当教員からの改善点・コメント
 実習形式の授業なので,休まず毎回出席することが重要です.
 受講生の皆さんが能動的に講義に参加できるように,練習問題などを工夫して課題への取り組み
を容易にしています.自己の飛躍的なスキルアップを実感しながら,楽しく進むことを願っていま
す.