授業内容・計画(詳細)の情報


ページを読み終えましたら、ブラウザを終了させてください。


1.基本事項
2017 年度 春 学期  
開講クラス 文学部・文明学科
文学部・アジア文明学科
文学部・ヨーロッパ文明学科
文学部・アメリカ文明学科
文学部・北欧学科
文学部・歴史学科-日本史専攻
文学部・歴史学科-東洋史専攻
文学部・歴史学科                -西洋史専攻
文学部・歴史学科-考古学専攻
文学部・日本文学科
文学部・文芸創作学科
文学部・英語文化コミュニケーション学科
文学部・広報メディア学科
文学部・心理・社会学科
政治経済学部・政治学科
政治経済学部・経済学科
政治経済学部・経営学科
法学部・法律学科
教養学部・人間環境学科-自然環境課程
教養学部・人間環境学科-社会環境課程
教養学部・芸術学科-音楽学課程
教養学部・芸術学科-美術学課程
教養学部・芸術学科-デザイン学課程
教養学部・国際学科
体育学部・体育学科
体育学部・競技スポーツ学科
体育学部・武道学科
体育学部・生涯スポーツ学科
体育学部・スポーツ・レジャーマネジメント学科
理学部・数学科
理学部・情報数理学科
理学部・物理学科
理学部・化学科
情報理工学部・情報科学科
情報理工学部・コンピュータ応用工学科
工学部・生命化学科
工学部・応用化学科
工学部・光・画像工学科
工学部・原子力工学科
工学部・電気電子工学科
工学部・材料科学科
工学部・建築学科
工学部・土木工学科
工学部・精密工学科
工学部・機械工学科
工学部・動力機械工学科
工学部・航空宇宙学科              -航空宇宙学専攻
工学部・航空宇宙学科              -航空操縦学専攻
工学部・医用生体工学科
観光学部・観光学科
健康科学部・看護学科
健康科学部・社会福祉学科
授業科目名 WEBクリエイション
曜日 時限 木-2
テーマ ダイナミックコンテンツ
キーワード WWW JavaScript jQuery


2.授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
センター:創造と表現力(情報技術の応用力)

3.授業要旨または授業概要
HTML5への移行に伴い、JavaScriptの重要性が高まってきています。
JavaScriptを利用することにより、Web APIを扱ったり、スマートフォンに対応するサイ
トを作成することができるようになります。さらに、JavaScriptのライブラリである、
jQueryを利用することにより、ユーザビリティに優れたページを容易に作成することが、
可能となります。
また、現在のWeb ページは最新の情報、充実した情報、閲覧者毎の情報発信を実現するス
クリプトを用いた動的なページの需要が高くなっています。動的なページは大きく分けて
クライアントサイドスクリプトとサーバサイドスクリプトがあり、どちらかもしくは両方
を使用することが可能です。
この授業では、インタラクティブなWebコンテンツを作成するために必要となる基礎知
識および技術の習得を目標とします。
具体的には、クライアントスクリプト型のスクリプト言語であるJavaScriptをコンピュー
タ実習を通して学びます。

授業で取り上げた内容については、応用課題を課します。


4.学習の到達目標
(1)スクリプトを利用したダイナミックコンテンツの動作のしくみが理解できる。
   【自ら考える力】
(2)JavaScriptによる基本的なスクリプトを作成できる。
   【自ら考える力・創造と表現力】
(3)javaScriptの応用技術を利用したWebページの作成ができる。
   【自ら考える力・創造と表現力】

添付ファイル:WebCreation.pdf

5.授業スケジュール
第1回 ガイダンス
   (履修希望者が多い場合は、選抜試験を行うので必ず出席すること)

第2回 WWWに関する基礎知識(HTML5,CSSの復習)  
第3回 JavaScriptの基礎1:記述ルール・オブジェクト・イベント
第4回 JavaScriptの基礎2:変数・配列
第5回 JavaScriptの基礎3:関数
第6回 JavaScriptの基礎4:条件分岐・繰り返し
第7回 スクリプト作成実習1
第8回 スクリプト作成実習2
第9回 JavaScriptの基礎5:DOMとは?
第10回 JavaScriptの基礎6:DOMの操作
第11回 jQueryの基礎:記述ルール
第12回 jQueryの応用
第13回 WebAPIの利用
第14回 スクリプト作成実習3
第15回 スクリプト作成実習4

毎回、授業内容に関する応用課題を課すので、4時間以上の時間をかけて作成すること

スクリプト作成実習においては事前にアルゴリズムの作成課題を課すので、4時間以上の
時間をかけて作成すること

スケジュールは、履修学生の理解度により変更することがある

6.成績評価の基準および方法
授業態度(20%)授業内課題およびスクリプト作成実習課題(80%)で評価をす
る。 
到達度90%以上でS,80%以上でA、70%以上でB、60%以上でC、60%未満を
Eとする。
ただし、2/3以上の出席がない場合には成績評価の対象としない。


7.教科書・参考書


8.その他の教材
必要な資料は、授業中にプリントで配布しWebでも公開します。


9.担当教員の連絡先
maruyama[]keyaki.cc.u-tokai.ac.jp([]の部分はアットマークとすること)
メールには【件名】に「講義名」「質問内容の要旨」,【本文】に質問者の「学番」「氏
名」「質問内容」を記載すること。

ガイダンス前に連絡が必要な場合は、5号館2階情報教育センター第1研究室へ来るこ
と。

10.授業担当教員からの改善点・コメント
JavaScriptを利用したプログラミングの要素を含んだ授業内容となります。Webクリエイ
ションん入門で対象となる、HTML・CSSの知識・技術を基礎としていますが、内容が大きく
異なりますので、注意してください。

授業内の実習では、何をするためのスクリプトなのか、どのような処理をしているのかを
考えながら、サンプルスクリプトの入力を行うようにしてください。