授業内容・計画(詳細)の情報


ページを読み終えましたら、ブラウザを終了させてください。


1.基本事項
2017 年度 春 学期  
開講クラス 文学部・文明学科
文学部・アジア文明学科
文学部・ヨーロッパ文明学科
文学部・アメリカ文明学科
文学部・北欧学科
文学部・歴史学科-日本史専攻
文学部・歴史学科-東洋史専攻
文学部・歴史学科                -西洋史専攻
文学部・歴史学科-考古学専攻
文学部・日本文学科
文学部・文芸創作学科
文学部・英語文化コミュニケーション学科
文学部・広報メディア学科
文学部・心理・社会学科
政治経済学部・政治学科
政治経済学部・経済学科
政治経済学部・経営学科
法学部・法律学科
教養学部・人間環境学科-自然環境課程
教養学部・人間環境学科-社会環境課程
教養学部・芸術学科-音楽学課程
教養学部・芸術学科-美術学課程
教養学部・芸術学科-デザイン学課程
教養学部・国際学科
体育学部・体育学科
体育学部・競技スポーツ学科
体育学部・武道学科
体育学部・生涯スポーツ学科
体育学部・スポーツ・レジャーマネジメント学科
理学部・数学科
理学部・情報数理学科
理学部・物理学科
理学部・化学科
情報理工学部・情報科学科
情報理工学部・コンピュータ応用工学科
工学部・生命化学科
工学部・応用化学科
工学部・光・画像工学科
工学部・原子力工学科
工学部・電気電子工学科
工学部・材料科学科
工学部・建築学科
工学部・土木工学科
工学部・精密工学科
工学部・機械工学科
工学部・動力機械工学科
工学部・航空宇宙学科              -航空宇宙学専攻
工学部・航空宇宙学科              -航空操縦学専攻
工学部・医用生体工学科
観光学部・観光学科
健康科学部・看護学科
健康科学部・社会福祉学科
授業科目名 情報システム入門A
曜日 時限 金-3
テーマ コンピュータの基礎知識と基本操作の習得
キーワード ハードウェア デジタルデータ ソフトウェア


2.授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
センター:情報リテラシー力

3.授業要旨または授業概要
社会生活のあらゆる場面でコンピュータが活用され、コンピュータの操作能力は必須のも
のとなっています。この授業では、コンピュータの初心者がコンピュータを利用するうえ
で必要となる基礎知識およびコンピュータの基本操作の習得を目標とします。
 具体的には、ハードウェアおよびデジタルデータに関する知識を講義を中心として学び
ます。また、2進数・16進数の表現方法や変換方法などを身につけます。さらに、ソフ
トウェアを利用するための基礎知識として、オペレーティングシステムおよびプログラミ
ング言語に関する知識を学びます。また、コンピュータの基本操作として、オペレーティ
ングシステムおよび日本語ワープロソフト・表計算ソフトなどのアプリケーションソフト
の操作実習を行います。
 毎回、講義とコンピュータによる実習を行いますが、授業内容によって講義と実習の割
合は変わります。


4.学習の到達目標
(1)コンピュータの構成および各装置の役割が理解できる。
   【情報リテラシー力】
(2)デジタルデータの特徴および表現方法が理解できる。
   【情報リテラシー力】
(3)オペレーションシステムの役割を理解し基本的な操作ができる。
   【情報リテラシー力】
(4)ワープロ・表計算ソフトを利用して形式の整った文書を作成できる。
   【情報リテラシー力、自ら考える力】
添付ファイル:情報システム入門A成績評価基準.pdf

5.授業スケジュール
第1回 ガイダンス(履修希望者が多い場合は、抽選を行うので必ず出席すること。)
第2回 コンピュータの基本操作:日本語入力・タイピング練習、電子メールの操作
第3回 情報の単位:ビット・バイトの概念、2進数、10進数、16進数の変換
第4回 情報の表現:数字・文字・画像データのコンピュータ内での表現方法
第5回 情報の処理:コンピュータ内でのデータの処理方法、論理演算
第6回 ハードウェアとOS:構成、各種装置の特徴
第7回 ソフトウェアの基礎:プログラム言語、ソフトウェアの種類
第8回 日本語ワープロ1:文章の入力・編集、書式の設定、印刷スタイルの設定
第9回 日本語ワープロ2:表の作成
第10回 日本語ワープロ3:文章のレイアウト設定、ビジュアル要素
第11回 表計算1:データの入力、書式・表示形式の設定、数式によるデータ処理
第12回 表計算2:関数によるデータ処理、グラフの作成
第13回 表計算3(データベースとしての利用)
第14回 総合演習
第15回 まとめと試験
進捗に応じて変更することがあります。
なお、各回の授業前後で予習・復習を合計4時間以上必ず行うこと

6.成績評価の基準および方法
出席時の学習内容(20%)授業内課題(40%)試験(40%)で評価をする。 
到達度90%以上でS,80%以上でA、70%以上でB、60%以上でC、60%未満を
Eとする。
ただし、2/3以上の出席がない場合には成績評価の対象としない。


7.教科書・参考書


8.その他の教材
必要な資料は、授業中にプリントで配布、または、Webで公開します。


9.担当教員の連絡先
質問は随時受け付けますので、授業終了時あるいはメール(miyachi@keyaki.cc.u-
tokai.ac.jp)で相談してください。

10.授業担当教員からの改善点・コメント
基礎から学んでいきましょう。