授業内容・計画(詳細)の情報


ページを読み終えましたら、ブラウザを終了させてください。


1.基本事項
2017 年度 秋 学期  
開講クラス 文学部・文明学科
文学部・アジア文明学科
文学部・ヨーロッパ文明学科
文学部・アメリカ文明学科
文学部・北欧学科
文学部・歴史学科-日本史専攻
文学部・歴史学科-東洋史専攻
文学部・歴史学科                -西洋史専攻
文学部・歴史学科-考古学専攻
文学部・日本文学科
文学部・文芸創作学科
文学部・英語文化コミュニケーション学科
文学部・広報メディア学科
文学部・心理・社会学科
政治経済学部・政治学科
政治経済学部・経済学科
政治経済学部・経営学科
法学部・法律学科
教養学部・人間環境学科-自然環境課程
教養学部・人間環境学科-社会環境課程
教養学部・芸術学科-音楽学課程
教養学部・芸術学科-美術学課程
教養学部・芸術学科-デザイン学課程
教養学部・国際学科
体育学部・体育学科
体育学部・競技スポーツ学科
体育学部・武道学科
体育学部・生涯スポーツ学科
体育学部・スポーツ・レジャーマネジメント学科
理学部・数学科
理学部・情報数理学科
理学部・物理学科
理学部・化学科
情報理工学部・情報科学科
情報理工学部・コンピュータ応用工学科
工学部・生命化学科
工学部・応用化学科
工学部・光・画像工学科
工学部・原子力工学科
工学部・電気電子工学科
工学部・材料科学科
工学部・建築学科
工学部・土木工学科
工学部・精密工学科
工学部・機械工学科
工学部・動力機械工学科
工学部・航空宇宙学科              -航空宇宙学専攻
工学部・航空宇宙学科              -航空操縦学専攻
工学部・医用生体工学科
観光学部・観光学科
健康科学部・看護学科
健康科学部・社会福祉学科
授業科目名 アルゴリズム
曜日 時限 金-4
テーマ 基礎的なコンピュータプログラムの構成手法
キーワード アルゴリズム C言語 フローチャート


2.授業で育成する力・スキル
「自ら考える力」と「情報処理力(論理力,問題解決力,ソフトウェア開発力)」である.

3.授業要旨または授業概要
問題を解くための処理の手順をアルゴリズムという。コンピュータに情報を処理させると
きは、アルゴリズムを演算、転送、条件判定、反復などの命令の組み合わせで構成しプロ
グラム言語を用いて表現する。
アルゴリズムの良否が処理の効率やプログラムの性能を決めることになる。この授業の目
標は、受講者が、広く使われているコンピュータアルゴリズムを学び、また、簡単な問題
に適用できるアルゴリズムを考えることで、よいプログラムを作る能力を養い、アプリ
ケーションプログラムの開発の基礎力を養成する.
授業では,コンピュータプログラミング言語として,C言語を用い,開発環境とし
て,Visual C++ 2010を使用する.

受講者は何らかのプログラミング言語を使用した経験がある方が望ましい.


4.学習の到達目標
1.コンピュータプログラミングの基礎的な構造がわかり,簡単なプログラミングが行える
【情報処理力】.
2.コンピュータによる処理をフローチャートで表現できる【自ら考える力,情報処理力】.
3.構造化された各処理(順次処理,分岐処理,前判定ループ処理,後ろ判定ループ処理)
の違いを理解し,コンピュータで処理する問題に応じて,適切な処理を選ぶことができる.
【自ら考える力,情報処理力】
4.並べ替えアルゴリズムをC言語によるプログラムで実現できる.
【自ら考える力,情報処理力】.
5.探索アルゴリズムをC言語によるプログラムで実現できる.
【自ら考える力,情報処理力】.

成績評価は添付ファイルを参照.
添付ファイル:アルゴリズム.pdf

5.授業スケジュール
第1回:ガイダンス,アルゴリズムについて(授業後に説明ファイルを読み4時間以上かけて
レポート課題を行うこと)

第2回:Visual Cの使用方法(授業後に説明ファイルを読み4時間以上かけてレポート課題を
行うこと)

第3回:C言語での変数,配列の復習(授業後に説明ファイルを読み4時間以上かけてレポー
ト課題を行うこと)

第4回:フローチャートとブロック化(授業後に説明ファイルを読み4時間以上かけてレポー
ト課題を行うこと)

第5回:構造化について(授業後に説明ファイルを読み4時間以上かけてレポート課題を行う
こと)

第6回:簡単な処理をフローチャートで(授業後に説明ファイルを読み4時間以上かけてレポ
ート課題を行うこと)

第7回:第6回で作成した簡単な処理をVisual Cでプログラミング(授業後に説明ファイルを
読み4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第8回:第6回で作成した処理を応用したプログラミング(授業後に説明ファイルを読み4時
間以上かけてレポート課題を行うこと)

第9回:アルゴリズム(並べ替え:ソート)をフローチャートで(授業後に説明ファイルを読
み4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第10回:第9回で作成した並べ替え処理をVisual Cでプログラミング(授業後に説明ファイ
ルを読み4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第11回:第9回で作成した並べ替え処理を応用したプログラミング(授業後に説明ファイル
を読み4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第12回:アルゴリズム(探索:サーチ)をフローチャートで(授業後に説明ファイルを読み
4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第13回:第12回で作成した探索処理をVisual Cでプログラミング(授業後に説明ファイル
を読み4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第14回:第12回で作成した探索処理を応用したプログラミング(授業後に説明ファイルを
読み4時間以上かけてレポート課題を行うこと)

第15回:まとめと試験(授業前に説明ファイルを読み4時間以上かけてレポート課題を
行うこと)

6.成績評価の基準および方法
学則及び学修に関する規則に則り2/3以上の出席が成績評価の対象になる。
成績評価基準は添付ファイルを参照.
成績評価は授業ごとに提出するレポートの点数が30%,期末試験を70%考慮す
る.90%以上の場合はS,80%以上の場合はA,70%以上の場合はB,60%以上の場合は
C,60%未満の場合はEとする.
ただし2/3未満の出席率の場合は,成績評価を/とする.


7.教科書・参考書


8.その他の教材
授業内容は,電子ファイルもしくはプリントを配布する.


9.担当教員の連絡先
質問は随時受け付けますので、授業終了時あるいはメールで相談してください。
ttaniguchi2010@gmail.com
メールには【件名】に「授業名」「質問内容の要旨」、【本文】に質問者の「学番」「氏
名」「質問内容」を記載してください。

10.授業担当教員からの改善点・コメント
プログラミング技術に加えて,論理的な思考が必要であるため,コンピュータ上でのプログ
ラミングばかりでなく,自分の思考過程を紙面で表現することも重視していく.